4.6兆円

熊本地震の被害額が、4.6兆円、と発表されました。崩れた家、落ちた橋、ヒビの入ったビル。そして辛い避難の日々。お金に換算出来ないとはいえ、こうやって額が出ると、また苦しくなりますね。
でも、こんな大きな数字を出されても、私にはピンときません。これだけの額ということは、復興もかなり大変だな、くらいの感覚ですよね。庶民には、想像もつかないことです。と、思っていたら今朝のニュース。
ドイツのバイエル社がアメリカの会社を買収する、という話。バイエル、といえばアスピリン。昔、お世話になりました。熱が出ても、頭が痛くてもアスピリンだったのは、祖母がリウマチで常用してたからです。
で、アメリカの企業を買収する額が6.8兆円ですって。なんだか、これで被害の大きさがいかにすごいか、俄然わかったような気になりました。遺伝子分野でトップの企業が買えるほどの額なのですね。
いやいや、そんな比較はよくないことはわかってますよ。でも、大きな額に縁のない私は、そのくらいでないと腑に落ちなかったのです。しかも一方はこれからいくら稼げるか試算ができる。いわば先行投資。
こちらは、先の見えないこと。それに人々の苦しみを考えたら、もっと大きな額になるんじゃないのか、と改めてこれからの支援の大切さを思いました。
町では募金箱も見当たらなくなりましたが、これからが本当の支援です。せめて募金を少しでも、と思いました。生理前にイライラしたら

4.6兆円